とろ〜りとろけるすき焼きの歴史と作り方

関西のすき焼き

日本人の食卓に出るすき焼きは、庶民のご馳走でもあり、みんなが大好きな食べ物でもあります。甘辛い味付けで美味しいお肉を煮込めば、「とろ〜り」とした食感で最高です。

では、そんな美味しいすき焼きについて、歴史や作り方についてご紹介していきます。

すき焼きの歴史

すき焼きの起源は諸説ある

多くの人に親しまれているすき焼きは、どのようにして生まれたのでしょうか。その起源は諸説ありますが、一番有名な起源として、農民が農具の鋤の上で食材を焼いて食べたことが始まりとされています。鋤は「すき」と読みますので、それが転じて「すき焼き」になったのです。

その他の説としては、薄く切ったお肉のことが「すき身」呼ばれていたため、薄い肉を使うことですき焼きと呼ばれるようになったというものもあります。

今ではご馳走として知られているすき焼きも、その最初は農民達の日常的な料理だったことがわかります。

肉食文化の解禁によって現代のすき焼きへ

日本は元来、肉食が禁じられていました。そのため、農民の間で生まれたすき焼きでは、最初は肉を使っていませんでした。しかし、江戸時代の終わり頃には外国から肉食文化が伝来するなどし、現在のすき焼きの前身となる牛鍋屋が出てきました。

その後、明治時代になるとともに、大衆的にも牛肉などの肉が食べられるようになり、すき焼きも現在のような形に徐々に変化してきました。

なお、牛鍋やが出てきた当初は、肉牛も今ほど美味しく食べられるような品種改良がなされていませんでした。そのため、獣臭さを消すために様々な工夫をして食べられていました。

すきやきの旨さの秘密

牛肉の旨味がすき焼きには欠かせない

すき焼きはなぜ美味しいのか。その欠かせない要素であるのが、牛肉の存在でしょう。何と言っても、すき焼きは牛肉の旨味によって、その良質な味を作り出しているからです。

牛肉、特に和牛には脂身が多く含まれています。その脂身には旨味成分があるため、肉から脂身が溶け出してすき焼き全体を美味しくしてくれます。また、すき焼きを煮る前に牛脂を使って油をひくのも、その美味しさをプラスする要素です。

まさにすき焼きは、肉の旨さによってその美味しさが決まると言っても過言ではありません。

生卵をつけて食べるのも美味しさの特徴

すき焼きがほかの料理とは違う美味しさを持つもう一つの秘密としては、生卵をつけて食べるという点が挙げられます。

濃い割り下などで煮た肉や野菜を、とろっとした生卵をつけて食べる。そうすると、ちょうど良い濃さの味になりますし、食感自体もまろやかになります。

生卵をつけてる食べ方は、すき焼き以外の料理ではあまり見かけません。だからこそ、生卵をつけることで、その他の料理とは違った美味しさをすき焼きは持っているのでしょう。

そして卵も美味しさの一端を担っているため、そこで使う生卵の品質にこだわれば、よりすき焼きを美味しくしてくれます。

すき焼きの美味しい作り方

割り下を作る

すき焼きには関西風と関東風の作り方があります。今回は、関東風の作り方を紹介しましょう。

関東風のすき焼きは、割り下を使って肉や野菜などの具を煮込む点に特徴があります。そのため、この割り下を作ることが、美味しいすき焼きを作る上での要になるのです。

割り下に必要な調味料は、醤油をベースとして酒、砂糖、みりんといった一般的な和食の調味料で作ることができます。ご家庭の味に合わせて、各調味料を配合してください。

そして割り下ができれば、具材を入れた鍋にそれを入れて煮込んでいきます。

割り下の味が濃かったり、薄かったりすれば、調味料や水を使って煮込みながら微調整をしても大丈夫です。

良質なお肉を使うとより美味しい

すき焼きはそれほど多くの調味料を使わないことから、シンプルな料理でもあります。それゆえに、そこに使われている具材の品質や旨味によって、味が左右されるとも言えるでしょう。

ですので、すき焼きを作る上で、良質な肉を使うとより美味しくなります。

すき焼きに適している肉は、国産の黒毛和牛の薄切りです。脂身が多く、肉質も柔らかいので、旨味が鍋に広がるとともに肉にも鍋の旨さが染み込みます。その和牛の中でも、特に肉質の良さが有名な米沢牛を使うことをオススメします。

多少、味付けを少し失敗したとしても、良質な美味しい牛肉を使っていればそれだけでも十分に美味しいすき焼きを作ることができます。

管理人が大好きなとろける米沢牛はこちら

まとめ

すき焼きは農民の食事から始まり、今でも私たち庶民の中では親しみのあるご馳走の一つです。そんなすき焼きは、日本を代表する料理として海外でも有名になっています。

すき焼きは作り方がシンプルであることから、美味しいすき焼きを作るためには、肉を中心とした素材の良さが必要不可欠です。美味しい肉を使って、満足のいくすき焼きを楽しんでください。