お相撲さんの料理!ちゃんこ鍋の歴史と作り方

関東のちゃんこ鍋

お相撲さんが食べている料理と言えば、ちゃんこ鍋ですよね。たくさんの具材が入った鍋は、お相撲さんが体づくりをする上で欠かせない料理です。

そのちゃんこ鍋について、歴史や美味しさの秘密、そして美味しい作り方を知らない方も多いのではないでしょうか。今回はちゃんこ鍋について、深く語っていきます。

ちゃんこ鍋の歴史

力士の食事である「ちゃんこ」からその名前がついた

今では相撲取りがよく食べる料理として知られているちゃんこ鍋は、どのようにして始まったのでしょうか。その歴史は、ちゃんこ鍋の名前の中に隠されています。

相撲部屋の中には、ちゃんこ番と呼ばれる食事当番が居ます。ちゃんこというと、昔は相撲取りが食べる料理すべてのことを指していました。

そして、鍋が徐々に相撲部屋でのスタンダードな食事となり、ちゃんこ=ちゃんこ鍋と認識されてきました。

ちゃんこは相撲部屋で力士によって作られた力士のための鍋料理でもあるのです。

記録に残っているのは明治時代から

ちゃんこ鍋がいつの時代に生まれたのかは、実はハッキリしていません。

相撲が職業としての地位を確立した江戸時代から、力士の間で鍋が食べられていたこともあったはずなので、ちゃんこ鍋そのものは江戸時代からあったと考えられます。

ただ、正確にちゃんこ鍋が食べられていたことが記録として残っているのが、明治時代の終わり頃からです。常陸山谷右エ門という横綱が居た時代より後に、相撲部屋で鍋が普段の食事として多く取り入れられるようになりました。

そこから、ちゃんこ鍋は相撲取りが食べる料理として、その地位を確立していくことになります。

ちゃんこ鍋の旨さの秘密

具材を大まかに切り、入れるのが醍醐味

ちゃんこ鍋は、力士の文化の中で生まれた料理です。ですので、戦う男たちの料理とも言えるでしょう。そんなちゃんこ鍋の美味しさの秘密は、男の料理という点にもあります。

なぜならば、大まかに具材を切り、鍋に入れるということがちゃんこ鍋の醍醐味だからです。

葉っぱものの野菜や柔らかい素材であれば、手でちぎったり崩したりして鍋に入れますし、包丁を使うような具材でも大きさを統一せずにまばらに切って入れます。このような大まかな調理をすることで、鍋の出汁がよく絡むようになります。

まさに力士という男の料理だからこそ、ちゃんこ鍋は独特の美味しさを持つと言えるでしょう。

バリエーションの多さから飽きが来ない

ちゃんこ鍋と聞いても、その味がどのようなものなのか具体的にイメージできないかもしれません。

それもそう、ちゃんこ鍋の味付けには様々なバリエーションが多くあるからです。ですので、毎日食べたとしても飽きが来ないのも魅力です。

味付けとして代表的なのは、出汁を使わない水炊き、鶏ガラの出汁を使うソップ炊き、塩味、味噌味といった4種類のものがあります。相撲部屋では、これらの味付けをローテーションで出すなど、飽きが来ない工夫がされています。

また、鍋であるため、入れる具材の選択肢が幅広いという点でも、飽きが来ない鍋を作れるという利点があります。

ちゃんこ鍋の作り方

鶏ガラスープ(ソップ)を用意する

前項でも紹介したように、ちゃんこ鍋には幾つかの種類があります。今回は、その中でも多く食べられているソップと呼ばれる鶏ガラスープを使ったちゃんこ鍋です。

鍋は出汁が命ですので、鶏ガラスープを作るところから始めます。スープ作りに手間がかかるという場合は、鶏ガラスープの素を使っても構いません。ただ、本格的にちゃんこを作る場合は、鶏ガラを煮詰めて美味しいスープを取りましょう。

そして、醤油をベースとして酒と砂糖を入れて味付けをしていきます。この時、やや甘めのスープにすることが美味しいちゃんこ鍋を作る上でのポイントです。

好みの具材を入れて煮るだけ

ベースとなる鍋の出汁ができれば、次に鍋の中身を用意していきます。ですが、具材の準備についてはそれほど気を使うことはありません。食べたい食材を選び、適当な大きさに切るなどして鍋に入れて煮るだけです。

ただ、ここで注意しておきたいのが、ちゃんこ鍋ですので具材はざっくりと大きめに切るなどしておくということです。そうすることで具材そのものの美味しさを楽しむことができます。

具材が大きいこともあり、普通の鍋に比べて、やや火力を抑えて長めに煮込むと美味しさが増します。

また、鶏肉や魚肉のつみれを用意して、それを鍋の中に入れるという少し手の込んだことをするのも、ちゃんこ鍋を美味しくする要素になります。

その他の地方の鍋に関しての記事はこちら → 美味しいおでんの作り方と歴史

まとめ

日本の国技でもある相撲の文化の中から生まれたちゃんこ鍋は、力士が食べるという特性から、独特の美味しさがあることがわかります。

ちゃんこ鍋は作り方も比較的シンプルですので、家庭でも相撲部屋の味を出すことができます。ぜひ試してみてください。